ホーム » ブログ » hana2のブログ5/25

2022.5.25hana2のブログ5/25

日中は少し汗ばむほどの季節となりました。観葉植物にとっては嬉しい気候ですが切り花の日持ちの面では心配な季節です。

店内に常温で飾ってある花は開くのが早くなり、バラ系はすぐフカフカになってしまいます。カーベラも高温で湿度が高くなるとカビが付きやすいので注意が必要です。

 

冬場は水替えをしなくても平気で1週間ぐらい持つイメージですが、今からの季節は高温により開花が早まる事と水中のバクテリアの繁殖が早まる事で生花はダブルパンチをくらってしまいます。

お花のために一日中クーラーをつけるためにもいかないので、せめて水替えや切り戻しはやっていきたいところです。

 

この時期のお勧めは日持ちの良いカーネーションや水下がりの少ない枝物系でしょうか、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花の紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の店内はこんな感じ。

久しぶりにトルコ桔梗を仕入れています。ここ数年は輸入量の減少などで高値になり仕入れに苦労をしております。

 

そして、いよいよヒマワリが並ぶ時期になりました。誰が見てもわかるお馴染みのお花ですのでバラと並んで人気があります。

 

 

ちなみに今週のhana2定期便はこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと変わったお花が多め。赤いブラシみたいな花は金宝樹(キンポウジュ)といって、その見た目のまま「ブラシの木」とも呼ばれています。

 

その他にもサンダーソニアやビバーナム系の切花などお花屋さんならではの花材を入れています。

 

 

hana2定期便詳しくはこちら

 

 

 

 

観葉植物の紹介

ポニーテール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5/20に入荷したポニーテールのブランチタイプ。宮崎の市場からやってきました。

ブランチとは一本物ではなく幹の部分が分かれている形の物を指します。何度か仕入れた事のある植物ですが、こんなにオシャレな樹形で来たのは初めてです。

 

店に届いた時はなぜかバックに入った状態で届きました。

流石にこのままでは販売できないので植え替えをしています。

 

 

幹の部分が肥大しておりこの部分に水分を蓄えているため土壌の乾燥にはかなり強め。細かい植物分類学までは解らないのですが、アガベやサンスベリアと同じキジカクシ科分類されるので多肉植物と言ってもいいかもしれません。水やりは土が乾いたらたっぷりの基本形でOKです。なるべく土が乾ききってからお水をあげましょう。

 

 

耐陰性や耐寒性は程々に強い印象があり、今まで店内で枯らしてしまう様な事は無かったのですが、ある程度の光量がある場所でないと魅力の一つである葉のカールが弱くなったり色が薄くなると感じました。薄い葉っぱがだらーっと伸びてだらしない、そんなイメージでしょうか。

 

 

葉先が空気の乾燥、水切れ、日照不足等の要因で茶色くなりやすいです。どんなに気を付けていても出てくる症状ですのであまり神経質にならなくても大丈夫ですが、気になる部分だけハサミで切ってあげてもOK。ちなみに私は少し茶色いぐらいならカッコイイと思ってしまうタイプです。そして意外と葉に埃が溜まりやすいのでたまに外に出して上から水をかけてあげるのもお勧め。

 

数ある観葉植物の中でも育てやすい部類に入る事は間違いないので水やりを極端に間違わない限りはそうそう枯れないかと思います。初心者の方でも十分育てる事が出来る植物なので贈り物に選んだとしてもそこまで負担にならないのではないでしょうか。

 

ちなみに、「ポニーテール」の他にも「トックリラン」や「ノリナ」等色々な呼び名があります。

正式名称は「ボーカルネア・グアテマレンシス」とちょっとややこしい名前なので、ポニーテールという可愛い商品名が後付けされたのかなと想像しました。

 

サイズ感の割にはお高いですが、価格は22,000円(税込み)です。

 

 

オンラインショップ紹介

hana2はオンラインショップもやっております。

まだまだ商品数は少ないですが、これから増やしていく予定ですので、気にかけていただけますと幸いです。

 

今月中には大分市内の配送限定ですが観葉植物を多めに掲載する予定です。遠方から大分市内に御祝いの観葉植物を贈りたい時は是非覗いてみてください。

 

価格帯は

3,000円~20,000円の間で幅広く掲載していく予定です。

 

その他の商品も随時更新していきます。

 

 

 

 

セール情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マドカズラ

 7,700円→5,000円

 

2,700円の大幅な値引き。

一定期間売れ残った為の値下げです。

状態は良好。新芽もどんどん出てきています。

 

葉に窓の様な穴が沢山空いているのが特徴。穴の開いている理由には、強風やスコールの衝撃を和らげるため、下の方にある葉っぱにも光を通すため、など諸説あります。

ある程度自立はしますが半蔓性の植物で、茎を他物に固定させる事もできます。この状態から育つと上にどんどん伸びていくというよりは、茂って広がっていくというイメージ。

 

4月の中旬に入荷したもので一回り大きな鉢に植え替えをしております。しばらくの間は根詰まりや土の劣化の心配はありません。

 

 

育て方はそこまで難しくなく、水やりは土が乾いたらたっぷりとあげる基本的なあげ方でOK。

たまに霧吹きで葉に水をかけてあげると乾燥による葉の傷みを予防できるのでお勧めです。

 

耐陰性は強めなので無理して窓際に置かなくても大丈夫です。強い日差しには弱いので、どちらかといえば窓から離した場所の方が良いかもしれません。表現が難しいですが、ほどほどに明るい場所がお勧めです。

 

 

 

 

 

アレンジメントの紹介

 

使用花材

バラ(テナチュール)

ヒマワリ(レモネード)

spカーネーション(ラスカルグリーン)

利休草

ガレキフォリア

ビバーナム デンタタム

ポリシャス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新築の御祝用で落ち着いたイメージにと注文を頂きました。今回は色の指定が無かったため、「落ち着いた」のニュアンスが難しく作る人によって選ぶ花材が大分変わってくるような気がします。

 

私の場合ですが、あまり多くの色は使わずに落ち着いた色味のバラを使いつつも全体が暗くならないように作りました。オーソドックスな形ですが葉物や枝物を多く使って単調にならないように意識をしています。

 

使用しているバラはテナチュールという品種。表現の難しい複雑な色味と変わった咲き方が特徴でとても好きな品種です。黄色いお花はヒマワリ、八重咲の品種です。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 フラワーショップ花花

お問い合わせはこちら

電話受付時間 / 9:00〜19:00