ホーム » ブログ » オリーブの育て方

2022.1.23オリーブの育て方

オリーブ

 

インテリアで人気のあるオリーブはhana2にも定期的に問い合わせを頂きます。

 

平和の象徴としてもお馴染みで、花言葉が「平和、勝利」と演技が良い植物なので自分用に購入したい、御祝いの品として贈りたいという方が多いようです。

 

今回はオリーブに関するよくある質問をQ&A方式でまとめてみました。

 

Q,室内で育てられますか?

A,かなり厳しいです。

オリーブは葉裏が銀白色でナチュラル系のインテリアにとても良く合います。

なので室内に飾ってある写真をよく見かけますが、室内ではどんなに頑張っても葉が落ちてしまいます。

大きな理由は日照不足です。たまに明るい窓辺に置いて定期的に外へ出しているよという方もいらっしゃいますが、それでも外で管理しているオリーブと比べると葉の量だったり色が全然違います。

オリーブは日照量が多いほど元気よく育ちます。逆に言うと日照量が足りていれば多少雑な管理になっても枯れる事は少ないです。私も初心者のころ自分の寝室にオリーブを飾っていましたが3日と持ちませんでした。

 

Q,実はつきますか?

A,1品種だけだとつかない事の方が多いです。

オリーブは1品種だけでも実がつく「自家結実性」の物と1品種では実のつかない「自家不結実性」の2つに分けられます。

自家不結実性のオリーブになると同じ品種の花粉では受粉できない為、違う品種の

オリーブを近くに植える必要があります。自家結実性のオリーブは自分の花粉を受粉する事はできるのですが他の品種のオリーブが近くにあった方がより実つきが良くなります。

よく見かける”ミッション”という品種は自家不結実性”ルッカ”自家結実性です

また結実するためにはある程度成長したオリーブでなければなりませんので、苗から育てる場合は3~4年は見た方が良いかもしれません。

すぐにでも実をつけたいという方は幹が太く人の背丈程の大きさで自家結実性の品種の物を買うと良いでしょう。

 

Q,開店祝や新築祝でオリーブを贈りたいのですが、、、

A,相手の方が欲しがっているなら〇それ以外はお勧めできません。

知名度もあり見た目もオシャレなので気持ちはわかるのですが、貰う方が育て方を知っている場合でないとお勧めできません。

今まで何度か新しくオープンする会社やカフェ等にオリーブを配達に行った事がありますが、ある日覗いて見ると室内で日照不足によって弱々しくなっている時もあれば,水やりを忘れられて外でボロボロと落葉している事もありました。

大きなお店になると他の方からも沢山観葉植物や蘭鉢が届きますし、開店してすぐは店内もバタバタしており頂いた植物の手入れまでは回らないと思います。

室内向けの観葉植物は耐陰性もあり比較的乾燥にも強いので2週間ぐらいほったらかしても案外平気なのですが、オリーブにとっては日照不足と水切れは致命的です。せっかくの贈り物がすぐ枯れてしまっては貰った方も送った方もどちらも辛い気持ちになってしまいますので出来れば室内向けの観葉植物をお勧め致します。

 

Q,良いオリーブの見分け方はありますか?

A,幹や枝の太い物を選ぶと良いです。

オリーブは幹を太くする為こまめな剪定に時間を費やします。

幹がしっかりしていて形が綺麗な物は生産者の方が時間かけて育てたオリーブを出荷したという事になります。

高さがあっても細い枝がひょろっと伸びているだけの物は見た目も悪いですし枯れやすかったりします。

オリーブは枝や葉の成長は早いのですが、根の成長はとても遅いです。

幹や枝が細いという事は挿し木をして日が浅く根があまり成長していないとも言えますので丈夫な株とは言えません。

観葉植物とは違いオリーブに関しては根詰まりしている物を選ぶと良いかもしれません。

 

Q,剪定は難しいですか?

A,丈夫なので好きな形に切って大丈夫です。

真夏は避けた方がよいと聞いたことはありますが、形を整える程度であれば時期を問わず剪定して大丈夫です。オリーブは剪定を繰り返す事で幹が太くなりますので寧ろ定期的に剪定はした方がよいです。色々とコツはあるのですが、一先ずは極端に間延びした枝や下方向に伸びている枝を切ると良いでしょう。

強剪定の場合は新芽が生える前の2月中旬から3月頃がお勧めです。

 

まとめ

・外で管理しましょう。室内向けの植物ではありません。

・基本的には2品種なければ実がつきません。オリーブの寄せ植えをもお勧めです。

・基礎知識が無いと枯らしてしまいやすいので贈り物にする際は気を付ける。

・幹が太く枝のしっかりしたオリーブが年月の経った良い株の物。

・剪定はこまめに行う。

 

今回の記事、少しでもお役に立てれば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フラワーショップ花花

お問い合わせはこちら

電話受付時間 / 9:00〜19:00